プロジェクトマネージャーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 19年度秋季午前 問24

<<   作成日時 : 2010/02/14 17:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【問】次のシステム開発において、コードインスぺクションを行うことによって期待できる効果(削減できる時間)は何時間か。ここでNCSSは注釈を除いた分の個数、バグ発見率=発見したバグ数/全体のバグ数とする。

・システム規模:6,000NCSS
・システムに存在するバグ数の推定値:1000NCS当たり5件
・コードインスぺクションを行った場合、バグ発見率は90%であり、残りのバグは単体テスト以降で発見される。コードインスぺクションを行わなかった場合、全てのバグは単体テストで発見される。
・コードインスぺクションにかける時間:1,000NCSS当たり4時間
・コードインスぺクションでバグが発見された場合のバグ一件当たり修復時間は:1時間
・単体テスト以降でバグが発見された場合のバグ1件あたりの修復時間:5時間

ア、66 イ、84 ウ、99 エ、123

キーポイント
NCSS、コードインスぺクション
どの言葉もしらないけど問題を解くにあたり障害はなさそう。

コードインスぺクションした場合としなかった場合のバグの修正時間を求める。そこにバグの発見率を加味して削減時間を算出すればよさそう。

【解】
バグ数は文中から30個と推定される

コードインスぺクションした場合

 修正時間 27時間+3時間=42時間
  ・コードインスぺクションにて発見されるバグ数 27個
  ・単体テストで発見されるバグ数 3個
  ・コードインスぺクションにてバグ発見した場合の修正時間 27時間
  ・単体テストで発見されたバグの修正時間 15時間
 
 コードインスぺクションにかかる時間24時間

総作業時間:66時間

コードインスぺクションしなかった場合場合
 修正時間 150時間
  ・コードインスぺクションにて発見されるバグ数 0個
  ・単体テストで発見されるバグ数 30個
  ・コードインスぺクションにてバグ発見した場合の修正時間 0時間
  ・単体テストで発見されたバグの修正時間 150時間
 
 コードインスぺクションにかかる時間0時間
 
総作業時間:150時間

よって解答はイ

参考URL:
http://it-words.cybozu.net/content/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
19年度秋季午前 問24 プロジェクトマネージャーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる