プロジェクトマネージャーへの道

アクセスカウンタ

zoom RSS 19年度秋季午前 問31

<<   作成日時 : 2010/02/19 19:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【問】グラフの使い方として、適切なものはどれか?

ア、各事業の利益構成比を表現するのに折れ線グラフを使う。
イ、各社の収益性、安定性及び生産性について特徴を比較する。
ウ、過去3年間の売上推移を表現するのにレーダチャートを使う。
エ、チェーン店における最寄駅の乗降客数と来客数の相関を表現するのに散布図を使う。

キーポイント
それぞれのグラフがどのような特性があるか。

折れ線グラフは、データに基づいてプロットされた点と、それを隣同士で結ぶ直線とで描かれる。。その際、つなぐ点は特定の順番でつなぐものであり、それは往々にして時間経過の順である。多くの場合、横軸に時間を取り、時間の経過にしたがって変化する数値の、その変化の様子をあらわすのに用いられる。

レーダチャート(Radar chart)とは複数の項目の大きさや量を比較することのできるグラフで、各項目は円状または正多角形状に配置されている。クモの巣グラフともいう。データをプロットした後、隣同士のデータを直線で結んで作成する。結ばれた範囲内を塗りつぶし面積を表現する場合もある。

散布図(さんぷず)とは、縦軸、横軸に2項目の量や大きさ等を対応させ、データを点でプロットしたものである。各データは2項目の量や大きさ等を持ったものである。

【解】
ア、構成比は折れ線グラフでは表せない。
イ、グラフだといまいちつかめない。対比表なんかがよいんじゃないかな。もしくはレーダチャート
ウ、売上の推移は折れ線グラフや棒グラフがよい。
エ、正解

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
19年度秋季午前 問31 プロジェクトマネージャーへの道/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる